別寒辺牛川での学び

先週木曜日、いつものように週末はどうしようかとパソコンをみていたら別寒辺牛川が開いたとの情報が。

十勝川は水位が高く釣りどころじゃないだろうし、ここはドライブと釧路のグルメツアーをメインで行ってみようか・・・なんて口は彼女に話しながら体は自然と釣りの準備をしていた。

2週間前の十勝川で大量のルアーをロストしてしまったので、中古ルアーを買いあさりリペイントしていた。
これも出番がまわってきて丁度いい。

また都合のいい理由をつけ金曜日の夕方前に出発し8時半に釧路に到着。目的の一つ、スパカツになんとかありつけた。

翌朝、昨夜のヘビーなスパカツを後悔しつつ川へ向かう。
釣り場には既に地元ナンバーの車が20台程停まっており、川はまるで鮭釣りの河口状態になっている。

釣り銀座の人影が小さく見えるポイントで6時半にスタートフィッシング。
e0285211_16412648.jpg


e0285211_16435082.jpg

e0285211_16461240.jpg

e0285211_1644204.jpg


サイズこそ30~50センチばかりだが開始直後からアタリが続く。
一緒に行った彼女にもアメマスからコンタクトがあったようで楽しそうにやりとりをしている。
これは良いかもと思っていたらパタリと喰いが止り何事もない時間が過ぎる。

休憩を兼ね下流側に移動することにした。

さっきは20台程停まっていた車もかなり減っている。

空いた場所で始めるがまた何事もない時間が過ぎる。

下流側から歩いてきた地元のルアーマンと挨拶を交わし今日の状況を話すが釣れたのは朝だけだったようだ。

話しをしながら並んで竿を振るが、またまた何事もない時間が過ぎる。

そんな時、地元の小学生が現れる。サングラスをかけ、釣る気満々な感じでキャストする。
小さいアメマスをいきなり釣った。
また釣った。
立て続けに4匹釣ってしまった。

隣で一緒に竿を振っていたルアーマンがつぶやいた。

「僕ら、何かが違うんだね」

全くその通りだった。

帰ろうと川を背にし歩いていると土手に福寿草の花が咲いている。

e0285211_8374593.jpg


ハッとした。
川に向かう時には気づかなかった花だった。


まだまだな自分に気づけた良い釣りだった。
[PR]
by maximizer828 | 2013-04-09 09:06 | ルアーフィッシング


<< 別寒辺牛川の学び再び 十勝川での再会 >>