<   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2匹の鰻サイズ

7月最後の金曜日午後、「仕事も一段落したので」と自分に都合の良い解釈をして釣りに出発。


ここ最近、50センチオーバーのニジマスとの出会いを妄想して道東を彷徨う週末が続いていた。

本命に出会えず彷徨い続けるうちに様々な事に気づく。

気づきと妄想を繰り返し、少しづつでも本命との出会いに近づいていると感じる事も釣りの楽しさ。


今回の彷徨う週末は釣りとキャンプを楽しもうと欲張りなプラン。

もし本命が釣れなくても、キャンプで楽しめたら良いかぁ~なんて思いつつも、竿を振ると本気になってしまうのが釣り人。


欲張りなプランなので釣りをする時間も自ずと限られる。

キャンプ場への到着は午後の5時を過ぎていたので、釣りが出来る時間は日が暮れるまでの2時間もない。

ファミリーで賑わうキャンプ場をウエーダーを履いて歩くのは少し恥ずかしかったが、気持ちは既に釣りモード。そんな事は気にしてられない。



ポイントまでの道程、これから帰るのであろう数人のフライフィッシャーとすれ違い状況を聞くと、昼から粘っていたがノーフィッシュだったらしい。

「フライがダメでもルアーならきっと釣れるだろう」「夕マズメだしこれからの時間は良い」などと目一杯ポジティヴに気持を切り替え、これからの釣りに向けたタクティクスを考えながら歩く。



目星をつけていたポイントに到着すると幸運な事に人影がない。

しかし、ほんの30分前にはフライフィッシャーが居ただろうから、きっと魚達は人の気配に敏感になり警戒しているだろう。


立ち止まり煙草に火をつけ暫く辺りの状況を静かに観察する。

鳥の囀る声も聞こえ水面のライズなど無いが雰囲気は悪くない。。

そして魚が居着きそうなポイントがあった。


気持ちを静めさっき考えたばかりのタクティクスを思い起こす。

この状況ではあまり近付きたくない。

水中で伝わる歩く音が出ないように静かに、少しずつ近付く。

水中の足下は泥と砂なので良いアプローチが出来た。

ここまでは珍しく上出来。


大物は1、2投目が勝負と思っている。

大概こんな時は力が入りすぎ、まだ使い熟せていないベイトリールがバックラッシュして釣りにならなくなるのがオチだし、それが自分らしい。


1投目は狙いとは全く違う、そして、狙いのポイントに居るであろう魚に警戒されなさそうな所に遠投した。

実戦で初めて使うABUアンバサダー4500Cの調子は少し異音がするものの悪くない。

遠投したくて選んだ細身のスプーンも良く泳いでいる。


少し間を置き、いよいよ狙いのポイントへ遠投する。

ライナー気味に投げたリールのサミングも上手くいき、魚が居るであろうポイントの少し奥へルアーが着水した。

一呼吸の時間、スプーンをフォールさせゆっくりめに泳がせる。

ルアーが泳いでいる感覚を感じ、何回リールのハンドルを廻しただろう。

もしかして5,6回目だったかもしれない。


一瞬でルアーがひったくられた。

反射的に右側方へ竿を倒しあわせる。

その瞬間、はるか遠くでジャンプする魚。

遠いが、シルエットとジャンプして水面を割った時の音で、グッドサイズのニジマスだと確信した。

ジャンプでフックを外されないように慎重に竿のしなりが活きる角度とラインテンションに気を配る。

ドラグの調整もこの魚には良い感じになった。

出来る事ならジャンプさせずナチュラルに寄せたかったので、竿は横に寝かしたまま魚との綱引きに耐える。

トルクもあるが、瞬発力もなかなかのもの。

このやりとりがやっぱり癖になる。

e0285211_15585374.jpg


e0285211_1652034.jpg


遠くでジャンプして見えたシルエットの主はコンディションの良い綺麗なニジマスだった。

一緒に来ていた彼女が近寄って計測すると54センチあり、友人のdollyさんと先日決めたルールで、とうとう自分が鰻パーティを主催する事が嬉しく確定した。

この後はチビッコアメマスが釣れただけで日没になり終了。

キャンプ場に戻り二人でビールを飲みながら明日の作戦会議。

明日は彼女に鰻ルールが適用になる50センチアップを釣らせたい。

ゆっくり寝ていたいのだが午前2時50分にアラームをセットして早めの就寝。


あっという間に午前2時50分アラームが鳴る。

睡眠不足で寝ぼけながら起きるが、「今日は釣れるぞ」と彼女にコーヒー代わりに言葉でハッパをかける。

真っ暗な中、静かに支度をしキャンプ場を後に熊よけの鈴を鳴らしながら昨日のポイントへ。

夜明け前にポイントに着いたが昨日よりダム湖の水位が3、40センチ下がっている。

少し明るくなるのを待って辺りを見回すが当然、魚の居着きそうなポイントもかなり変わっていた。

辺りを観察し彼女に少しだけアドバイス。

少し離れ辺りの様子を見ていたら、彼女が呼ぶ声聞こえる。

竿が良い感じで曲がっていた。

間違いなく良い魚とやりとりしている。

ベイトキャスターになって1年しか経っていないなんて思えないほど様になっている。

e0285211_16542397.jpg
e0285211_16561776.jpg


無事ワイルドな51センチのニジマスをキャッチ。

彼女も僕も小声で大喜び。

その後は早めにキャンプ場に戻り釣りは終了。

あとはキャンプ場でのもう一つの楽しみ。

e0285211_17203652.jpg


焼き肉が定番だけど、先日釣ったブリがあったので焼き肉ならぬ焼きブリカマ。

10キロサイズブリのブリカマは巨大だったけど、2人であっという間に完食。

ビールが飲めたらもっと最高なんだけど、2人とも釣れたし贅沢過ぎかぁ。

また、今度なんて話していたら・・・。

50センチオーバー2匹だから、これで鰻パーティ2回に・・・。

もしかして、お支払いは2回とも・・・俺か。
[PR]
by maximizer828 | 2012-08-14 10:45 | ルアーフィッシング