<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

サクラ咲く

日曜日の早朝3時30分 海岸線を自宅へ向け急ぎ車を走らせていた。

予定ではこの時間ゆっくり釣りの支度を済ませ、たばこを吸いながら海が明るくなるのを待っている。


はずだった。



今回の釣りは日本海でサクラマスを釣ろうと気合をいれ彼女と2人、車中泊を覚悟で前日に出発していた。

日曜日だからサーフはきっと混むだろし人がいない所でゆっくりしたかったので、釣りのポイントは南西の風が強いとの予報を考慮し寿都湾の岩場に入ろうと決めていた。

海辺に停めた車の中でビール片手に明日のタクティクスを考えながら窮屈な助手席で就寝。

翌朝3時に目覚ましのアラームが鳴り寝ぼけながら海を眺める。

予報と違い南の風が吹いているが波もウネリもなくサクラマス釣りにはいい感じ。

準備を珍しい事にロッドとリールのセッティングから始めた。

「あれ」・・・「ない」・・・・・

記憶を辿る。

「やってしまった」・・・・・

リールを忘れてしまった・・・・・



きっと釣りの事ばかり考えて頭の中でめでたくサクラが咲いていたんだろう。自分を笑うしかなかった。



時間計算で札幌まで往復3時間として戻ってくるのは7時。朝マズメは無理だけど何とか釣りになると考え戻る事に。

札幌へ向け車を走らせると岩内までの道程で50台以上の釣りと思わしき車とすれ違う。

予定していたポイントには入れないのは明らかだ。

「きっと、これは釣り場を変えた方が良いと言う事だ」と目一杯ポジティブに考え裏積丹に行くことに決めた。

早朝だった事もあり順調にリール回収札幌往復ドライブが出来た。

裏積丹のとある河口に着いたのは午前7時前、既に先行者が3名竿を振っているが釣れている気配はない。

川の水は澄んでいて海の濁りもなくいい感じ。

川の水が海に流れ込み混ざり合う奥へミノーをキャストして3投目。

e0285211_101822100.jpg



ショアのサクラマス釣りの経験値がほとんどない僕には期待以上の大物。


やっぱりリールを忘れた事で出会えたのかな?

なんて思う、また都合の良い解釈をする自分だった。
[PR]
by maximizer828 | 2013-04-25 10:47 | ルアーフィッシング

別寒辺牛川の学び再び

先週と同じく別寒辺牛川へアメマス釣りに行くことになった。

先週と違うのは木曜日の夕方6時に出発した事とdollyvarden731さんが加わった事。
そして先週の反省と対策を考えた事。

釧路への道程は高速道路が空いていた事もありJR特急並みの所要時間で到着できた。

到着早々、dollyvarden731さんのナビゲートでお決まりの釧路グルメツアーへ出発。
一次会は鳥松のから揚げとビール、2次会は万年青のハモ丼と熱燗。自分に負け全く反省が活かされていない。

翌朝はソルマックのお世話になる事からはじまった。

そして見通しも甘かった。

釣り場は平日金曜日だから誰も居ないだろうと3人で話していたのだが、着いてみると釧路ナンバーの車が10台程停まっている。

車を降り川を見回す。

静かで風も無く冷えた空気が気持ちいい。

e0285211_12543737.jpg


地元アングラーは既に竿を振っている。

e0285211_1315145.jpg

最下流のポイントを目指したが湿地帯の水位が高く川の畔まで行けない。
引き返し少し上流側で午前5時過ぎにスタートフィッシング。

20メートル程上流に入ったdollyvarden731さんは快調にアメマスと楽しんでいるようだが私には静かな何もない時間が過ぎる。

オイルが多かったようで先日オーバーホールしたアンバサダーの調子が悪くルアーが上手く飛ばない。

時間が経つにつれ水位が下がり川の様子がわかってきた。

川の真正面は流芯が定かでなく浅かったようだ。

未熟な僕は早朝からまた学んだ。

午前8時頃に一両編成の汽車が通り過ぎて行く。

それを合図にしていたのか一斉に地元アングラーが帰りだす。

面白い光景にこんなのも良いなと感心し子供の頃を思い出した。

水位も下がり湿地帯もかなり歩きやすくなったので上流側に移動する。

e0285211_13421063.jpg


e0285211_13445651.jpg

e0285211_13424240.jpg


ウナギサイズには少し足りなかったけど新しい発見があり満足なアメマスだった。

アメマスをリリースした後、残ったのは泥だらけになったアンバサダー。

またハッとした。


この川がまた自分に教えてくれた。
[PR]
by maximizer828 | 2013-04-14 14:18 | ルアーフィッシング

別寒辺牛川での学び

先週木曜日、いつものように週末はどうしようかとパソコンをみていたら別寒辺牛川が開いたとの情報が。

十勝川は水位が高く釣りどころじゃないだろうし、ここはドライブと釧路のグルメツアーをメインで行ってみようか・・・なんて口は彼女に話しながら体は自然と釣りの準備をしていた。

2週間前の十勝川で大量のルアーをロストしてしまったので、中古ルアーを買いあさりリペイントしていた。
これも出番がまわってきて丁度いい。

また都合のいい理由をつけ金曜日の夕方前に出発し8時半に釧路に到着。目的の一つ、スパカツになんとかありつけた。

翌朝、昨夜のヘビーなスパカツを後悔しつつ川へ向かう。
釣り場には既に地元ナンバーの車が20台程停まっており、川はまるで鮭釣りの河口状態になっている。

釣り銀座の人影が小さく見えるポイントで6時半にスタートフィッシング。
e0285211_16412648.jpg


e0285211_16435082.jpg

e0285211_16461240.jpg

e0285211_1644204.jpg


サイズこそ30~50センチばかりだが開始直後からアタリが続く。
一緒に行った彼女にもアメマスからコンタクトがあったようで楽しそうにやりとりをしている。
これは良いかもと思っていたらパタリと喰いが止り何事もない時間が過ぎる。

休憩を兼ね下流側に移動することにした。

さっきは20台程停まっていた車もかなり減っている。

空いた場所で始めるがまた何事もない時間が過ぎる。

下流側から歩いてきた地元のルアーマンと挨拶を交わし今日の状況を話すが釣れたのは朝だけだったようだ。

話しをしながら並んで竿を振るが、またまた何事もない時間が過ぎる。

そんな時、地元の小学生が現れる。サングラスをかけ、釣る気満々な感じでキャストする。
小さいアメマスをいきなり釣った。
また釣った。
立て続けに4匹釣ってしまった。

隣で一緒に竿を振っていたルアーマンがつぶやいた。

「僕ら、何かが違うんだね」

全くその通りだった。

帰ろうと川を背にし歩いていると土手に福寿草の花が咲いている。

e0285211_8374593.jpg


ハッとした。
川に向かう時には気づかなかった花だった。


まだまだな自分に気づけた良い釣りだった。
[PR]
by maximizer828 | 2013-04-09 09:06 | ルアーフィッシング