4週連続の北の本流

まだ少し早いかも?と思いながらも我慢ができない子供のような僕は9月で2回目の金曜日、dollyvarden731さんを誘い北の本流へ。
やはり数日前の雨で濁り水位も高めでタイミングが少し早かったようだ。
この日、僕を相手にしてくれたのは2,30センチの元気なチビ虹ばかり。来週も挑もうと誓う。
e0285211_1244451.jpg


この川に挑むようになったのは去年の10月下旬から。
大きくとてつもない奥深さを感じさせるこの川は、いつも僕に厳しい。
まるで「おまえはまだまだ未熟なんだよ」と言われているよう。

9月最後の週末、同行した彼女は9フィートのロッドを見事に操りグットサイズのニジマスに出逢っている。
e0285211_118391.jpg

僕には一度、大きめの魚からコンタクトがあったが、心拍が上がる前にフックアウトしてしまった。
虚しく一人戻ってきたスプーンを見つめる。「あれ、もしかして...これ...フックが小さい...」
やはりまだ未熟だったようだ。

10月最初の週末、今秋4回目の北の本流挑戦だが、毎週、僕を相手にしてくれるのはいつものチビ虹ばかり。
e0285211_1164973.jpg


4週も挑み続けば気付いたことも色々とあった。
例えば水中の有機物の量。
キャストする度に戻ってくるルアーには藻の様な物がいっぱいついてくる。
そう言えば水中のバイカモが枯れて茶色になっていたのを見た。
「なるほどな~」 なんて勝手に納得する。

e0285211_113172.jpg


これじゃ魚に見切られるだろうからナチュラルドリフトを心掛けるが、何かが違ったようだ。
e0285211_1123279.jpg


地図を頼りにいくつかのポイントも開拓出来たし、色々と感じることが出来たプラスな4週間だった。

そしてブログも毎回更新しなきゃだめな事も気付く。


北の本流、来週も挑もうかな?
[PR]
by maximizer828 | 2012-10-08 11:33 | ルアーフィッシング


<< 道北の中毒 2匹の鰻サイズ >>