少しの睡眠と沢山の幸せ

3連休の初日の土曜日、先週に続き東の本流へ。
この本流には午前3時に着きたかったのだけれど、札幌で会合があったので寝たのが午前3時になってしまった。流れだから仕方がない。
取りあえず3時間寝ることができたけれど
札幌出発が午前7時過ぎになってしまい、結局、ここに到着できたのは9時半。

支度を整え、ロッドを振ろうと思ったら上流から「キャー、キャー」と楽しそうな声が。
声の主は、ラフトボートに乗り、楽しそうに激流を下っていく。
「あーぁ、終わった…」
と思いながら折角だからとロッドを振るが、想像通り。
僕がここで出会えた魚は15センチほどの立派なカジカ。
e0285211_644522.jpg


お昼過ぎ、エキスパートの皆さんに合流させてもらい、朝、終わったポイントへ。
e0285211_6423093.jpg

なんとかリベンジを果たすことができた。
小さいけれど、6連続ジャンプを披露してくれ、とても元気が良い。
e0285211_7291786.jpg

e0285211_7293751.jpg

この日、暗くなるまでロッドを振れた。
下手なキャストで釣れなくても、何故か幸せ。
e0285211_733552.jpg

e0285211_7294734.jpg

午後8時半からの夕食は、一人で3人前のジンギスカンと大盛りのごはん。
エンドレスになりそうなくらい美味しかった。美味しい物で幸せ。
そして、近くの公園で食後の晩酌。とても楽しい会話でまた幸せ。
この日、寝袋に入ったのは午後の11時過ぎ。

睡眠はまた3時間。
翌朝は午前2時起床、2時半に川に到着。
辺りは真っ暗。
キャップライトを被り、熊と出逢わないように、鈴を強く振り鳴らしながら3人で歩く。
川辺に立ったのは3人の中で一番上流側。
熊が怖くて上流側の後ろを何度となく振り返り、キャップライトの灯りで存在をアピールする。

辺りが明るくなり始めたら突然ライズが始まった。
キャストがまだ下手くそで対岸の岸際まで届かない。
ヒットしたと思ったら、元気なジャンプで外されてしまった。
そんな元気な魚を見ていると、釣れなくても満足な気分になれ幸せ。
e0285211_73547100.jpg

e0285211_7363426.jpg
e0285211_737546.jpg


この魚にはネットもロッドもオーバータックル。
つい笑ってしまい、それもまた幸せだった。
e0285211_7373029.jpg
e0285211_7374456.jpg

[PR]
by maximizer828 | 2014-07-22 09:25 | フライフィッシング


<< 戦力不足 遠い道程 >>